補充計画:需要及び保持する在庫への複数レベルの洞察を得ることで、より素早く市場に応答できます。ベンダー管理の在庫、効率的な顧客応答、さらに連携した計画、予測、及び補充などの一連の補充戦略を自動化することで、迅速な補充サイクルを保証することができます。

供給計画:供給網をマッピングして、処理能力とフルフィルメントの決断を自動化する「デジタルツイン」機能を使用します。要件を満たすことが可能な低コストで最も利益率の良いオプションとサプライチェーンが一致した時には、利益目標の達成へ拍車がかかります。

積載最適化:コンテナやトラックの適正な積載能力を見つけることで、運送及び販売を最適化できます。複数シナリオを評価して、製造効率、在庫投資、及び生態学的影響における最適なトレードオフを素早く見つけることができます。

調達最適化:ベンダーの価格急落をうまく利用して、供給発注、運送費、及び在庫維持費の均衡を取ることができます。

生産スケジュール:単一工場の詳細スケジュールを持ち合わせた複数工場計画のパワーを組み合わせて、スループットを増加させます。すべての資材、機械、人材、及び工具などにおける制約を自動的に考慮に入れたスケジュールを作成することで、稼働停止時間を抑制できます。簡単に移り変わる注文変更に応答して、自動的にスケジュール調整を行います。ジャストインタイム(JIT)及び制約による理論(ToC)などの障害を考慮したスケジュール作成から最大生産量を引き出します。

生産計画及びスケジュール作成:バッチ処理における複数段階の作業や複雑な制約、あるいは分散された製造操作の取り扱いを容易にします。在庫、資源、スキル、穴あけなどの工具、及び代替機械などの多種の制約を組み込んだ、最適生産計画スケジュールを作成しますので、達成可能な計画が手に入ります。