戦略的調達:見積依頼(RFQ)のプロセスをストリームライン化して、指定した条件に最適一致するベンダーを素早く選択できます。このプロセスを中央管理することで、ベンダーの識別及び比較、提出された見積もりの査定、通知の送信、そして、その他の戦略的な選択を短時間で行えます。

供給ベース管理:単一のクラウド プラットフォームでプロセスを管理することで、ベンダー管理の複雑性が軽減されます。下請け契約社や下請けサプライヤの利用における完全な可視化が獲得でき、それにより、社会的及び法的コンプライアンスから製造生産能力までのすべてのレポートを作成できるようになります。

供給プロファイルとスコアカード:グローバルなベンダーのプロファイルを一目で評価できます。供給実績を示した単一の中央管理ビューで、オンタイム配達、完成率、サンプル承認、及び業績テストなどにおいてコンプライアンス違反があった場合、それに対して素早い修正行動をとることができます。

ベンダー研修:コンプライアンスを強化することにつながるベンダー研修を最適化します。ベンダーを及び生産工場を組織化、審査、及び管理することで、潜在的なリスクを軽減できます。そして、業績を追跡し、必要に応じて速やかに修正行動を計画し、それを行使することができます。 

企業の社会的責任(CSR)及び製造管理および品質管理に関する基準(GMP)の監査:監査行使者にサプライチェーンのすべてを示すビューを提示することで、自社ブランドを保護することができます。企業の社会的責任(CSR)の複雑性を管理することで、生産責任者は、製造管理および品質管理に関する基準(GMP)に従って、確実に一貫した生産が行われていることを簡単に確認することができます。

コンプライアンス パケット:重要なベンダー情報を一か所で管理することにより、透明性及び説明責任が強化され、適切な資源調達か確実となり、さらに労働者による報復から事業を守ることができます。署名されたコンプライアンス文書を中央保管及び中央管理することで、グローバルなサプライチェーンのどこからでもそれらにアクセス可能になります。