よりスマートな製品ライン計画の作成:季節、売り場、コレクション、さらに特定のスタイルまでを管理することで、業績目標を達成できます。詳細な財務計画の設定、及びすべての目標においてボトムアップ分析の使用を強化することで、収益及び採算性が増加します。各部門、分類、及び製品における正確なSKU数を指定する製品ライン計画を作成することで、将来の開発の基礎を固めることができます。

真の単一ソースの確立:保護されたアクセス可能なソリューションでスプレッドシートやEメールを置き換えます。デジタル資産管理マネージャで、すべての物流チャンネルにおける画像、拡張属性、及びメディア コピーを管理して、プラットフォームのどこからでも、それらにアクセスできるようにします。適切なグループにメッセージを送信し、そして、変更に対して誰がレビューやコメントをしたかをリアルタイムで見ることができます。システム内で製品データを直接作成する、及び従来のPLMプラットフォームからデータをインポートすることができ、さらに、それらを他の記録システムと簡単に共有することも可能です。 

戦略的な製品デザイン:現在の傾向及び競争状況の分析を基にした製品及び原料の方向性を設定します。製品要件及びコスト目標を満足したコンセプトを確立できます。デザイン、材料、及び製品の仕様データを再利用できますので、製品開発の効率性が大きく向上します。デザイナーが一連となって共同作業できるインスピレーション ボードを設置することができます。分類や検索目的の関連メタデータを備えたすべてのクリエイティブ資産を維持できます。Adobeと統合させることで、その最新ツールセットをデザイナーが利用できるようにします。 

コスト制御の獲得:プライス ポイント及び利潤を最適化するために、ベンダーと緊密な共同作業が行えるようになります。品目が財務目標に到達できるかを予測する「what-if」シナリオを実行することで、起こりうるリスクが最小化されます。各製品ごとに複数のコストシートを作成します。

サンプル管理のストリームライン化:サンプル請求前に製品が存続可能であるかを確認することで、コスト削減が実現できます。1つの場所で、サンプル請求の中央管理、追跡及び文書化が行えます。利害関係者の拒否の通知、そして変更サンプル請求の作成を自動的行いますので、コミュニーションが単純化されます。