需要計画:プランナーは最も優れたアルゴリズムを活用して作業できます。そのアルゴリズムの複雑性を理解する必要はありません。階層内の望むレベルまで正確に掘り下げていくことができますので、プランナーは今最も注目すべき緊急領域に焦点を当てることができます。使いやすいソリューションで、需要に透明性を加えます。

需要最適化:非常に優れた予測アルゴリズムを使用して、自動的に予測を生成します。そのアルゴリズムの複雑性を理解する必要はありません。1つのデータベースで任意の時間単位または品目による予測が行えます。注文は、出荷能力、季節性、資源不足、作業人員、及び倉庫容量を基準にして簡単に制約できます。1つの画面で、需要予測、履歴、および手元在庫のすべてを見ることができますので思い通りに制御できます。

需要探知:詳細な短期需要データを使用して、日常作業として近い将来の予測をより正確に作成できます。構造された方法でビッグデータを評価して、複雑なパターンや需要が発する信号を認識できます。それを考慮に入れて、顧客の要求を満たす在庫を配備できます。

カジュアル予測:機械学習機能を使用して、パターンを識別し、そして、何百万ドルもの運転資金を解放する可能性のある決断を自動的に提示します。会社の制御範囲外のデータ ポイントを組み込むことで予測精度を向上させます。複数の在庫戦略を評価し、その結果を比較できる高度なモデリング テクノロジーを使用して、在庫を10%から30%も削減する可能性のある計画を立てることができます。

ライフサイクル計画:製品を成功裏に市場参入させ、そして市場から撤退するまでの利潤を最大化できます。製品の市場参入からその撤退までの市場需要を予測できたときには、様々な需要状況や顧客の購買パターンによる実質的な影響をモデル化でき、そしてそれに対する準備が行えます。 

比例プロファイル計画:供給、調達、及び生産を需要と同期する、特許取得の分析機能(Proportional Profile™ Planning)を使用して、製品利潤を最大化します。総計レベルの需要から精度を重んじる詳細レベルの需要を予想します。多数の製品構成であっても予測が可能です。。 

価格及び販売促進計画:販売促進を行ったときや一時的に値下げしたときには、売上が増加するのは珍しいことではありません。販売キャンペーンと在庫状況の意思決定を整合する価格戦略をサポートします。価格変更による影響をモデル化した価格調整型予測を生成し、そして、期待する販売増加を基にした販売促進型予測を生成します。