企業分析:閲覧、共有、及び使用が可能な情報にローデータを転換することによって、より適した意思決定が行えるようになります。価格業績、配達業績、製品品質などの主要ビジネス領域に優れた洞察を提供し、さらに自動警告通知及びレポート配布機能を備えた分析機能を駆使して、今までにはないスピードで最適な計画が作成できます。

アドバンスト分析:分散したデータ ソースを実用的な情報に変換します。事実に即した単一のデータソースを構築して、従来のデータ ウェアハウス環境で、最新の意思決定に必要なパフォーマンスが得られます。柔軟性や使用性を損なうことなく、企業レベルのデータのマッシュアップが行えます。

販売分析:需要、供給、及び製品網を取りまとめることで、コスト効率良く、顧客の期待を満たすことができます。顧客の需要がはっきりと確認できますので、変更への迅速な対応、新しいビジネスの可能性の開拓、及び顧客に充実した体験を一貫して提供することができます。 

在庫分析:サービスレベルを損なうことなく、あるいはコストの高騰を引き起こすことなく、新しい安全在庫の最適化を見つける履歴ベースの「what-if」シミュレーションを実行することができますので、ビジネス ユーザーは自分の定に自信を持つことができます。将来の供給ニーズと予想を組み合わせた分析機能を使用して、高い顧客サービスを維持した企業全体計画を構築することができます。

供給分析:サプライヤとの連携を強くして、その業績を監視することで、サプライチェーンにおける効率の向上及びコストの削減が行えます。分析機能を使用して、サプライヤにおけるリスクを識別し、それを基にして、バックアップ計画を生産継続に影響を与えないように改善することができます。