小売最適化:売上向上とコスト削減のために供給と需要の均衡を図る

ますます拡大しているオムニチャンネル小売環境では、今まで以上に、様々な購入場所で顧客が望む品目を適正価格で間違えなく提供するという課題が生じています。単に在庫不足を回避するだけで、その課題が解決するわけではありません。人口頭脳及び需要探知を活用して、将来の市場ニーズを予測し、在庫状況を改良し、そして在庫投資を最適化する必要があります。ベンダー管理から最終的な店舗商品展示における様々な調達アクティビティを同期することで、お客様の会社の社会的責任基準に沿って、在庫コストを削減しながら、売上増大及び利潤増加を実現する計画を立てることができます。

小売最適化の構成要素

商品計画:総合的な財務目標をチェーンや店舗レベルの計画に移行することで、仕分け計画及び割付戦略を制御し、利益目標の達成及びブランド強化を可能にする財務的及び単位基準のプロファイルを作成します。品目の属性、店舗クラスター、ロケーションとその許容量、手元製品量、及び店舗への製品納入時期などの様々な要因を考慮に入れることで、最適な商品組み合わせを簡単に識別します。財務的及び単位基準のプロファイルの作成のために、総合的な財務目標をチェーンや店舗レベルの計画に変換し、販売、出荷、購買余力、受領などの重要な要素を基にした計画作成、及び同期したトップダウン及びボトムアップ計画の作成が可能になります。

仕分け計画:店舗レベルで配備する商品のコレクションに販売目標を転換します。チャンネル、クラスター、及び店舗独特な仕分け計画を再確認して、発注や店舗割付に反映させることができます。

割付:顧客需要への対応及び在庫回転を促進する柔軟なルール及びワークフローの自動作成機能を使用して、製品の配分及び補充を管理します。さらに正確な長期予測を作成するために、履歴データと比較した各品目の業績をモデル化します。販売時期が変わっていくにしたがって、店舗販売の需要状況及び更新された予測に従って、「プルシステム(後工程引き取り後補充生産方式)基盤」の出荷を作成することで、商品を最適に配備できます。