食品及び飲料業界:勝利を導く製品の種類の維持

短い賞味期限を持つ製品であるにもかかわらず、より厳しくなっていく法規に従わなくてはならないという制約に直面しながらも、わずかな商品利幅を拡張したいと考えている食品及び飲料製造メーカーに対するソリューションは、理論的には単純です:データ分析ゲームの強化です。しかし、実際には簡単なことではありません。典型的な食品及び飲料業の運営では、サプライチェーン、生産ライン、さらに、IRI、ニールセン、及び各種店舗販売などのダウンストリームソースからのデータであふれかえっています。この大量なデータに隠れているのが、製造メーカーが在庫不足の削減、無駄の最小化、及び製品の品質確保を補佐するための予測の精度向上を実現するために必要な洞察です。

Demand Solutionsのデジタル サプライチェーン プラットフォームは、食品及び飲料製造メーカーが、在庫を均衡に保ちながら、顧客の好みの変化より一歩先を行くことができるように補佐します。

食品及び飲料製造メーカーは、Demand Solutionsを活用することで、以下の事柄が実現できます:

  • ワンナンバー計画を達成することで季節性や需要変動に応答。
  • 複数工場にわたる生産、生産スケジュール、及び生産転換の最適化。
  • 日常業務として需要と供給の同期を行うことで、出荷可能な手元在庫品の確保。
  • 手元在庫保管日数を短縮し、しかも迅速な配送を可能にすることで、無駄を排除。
  • すべてのソースからの製品品質データ及び安全在庫データの追跡及び分析。

製品の種類を最適化することで、新しい販売チャンスを導き出す

顧客の好みは気まぐれですので、顧客との絆を確立するのは簡単なことではありません。食品及び飲料製造メーカーは、新製品紹介、パッケージサイズの微調整、そして製品の種類の変更などを行って、新規顧客を開発します。さらに、そうして獲得した貴重な商品陳列棚のスペースをしっかりと保持できます。同時に、長年取引のある顧客に対しては、配達の遅延や誤送などがないように顧客在庫の均衡を保つことで、その顧客との絆を維持できます。

Demand Solutions をご利用いただくことで、食品及び飲料製造メーカーは以下の事柄が行えます:

  • サービス要件、生産能力制約、必要な取り扱い注意事項、運送費用、及び注文コストを考慮に入れた、製品参入のストリームライン化。
  • 顧客特化の予測機能、「what-if」分析、及び時間段階的在庫ポリシーを使用したアカウント サービス コストの評価。
  • 複数レベルのサプライチェーン ポイントにおける割付の最適化による在庫の均衡。
  • 常に変化する予測と変化しない生産能力制約を考慮に入れた生産計画の調整。