アフターマーケット部品業界膨大な数のSKUポートフリオの利益性の管理

ある意味では、アフターマーケット製造メーカーの課題は年を経ても変わらず存在します。膨大な在庫、何千個もの小量で売れ行きの遅い品目、そして、「C」品目の突発的な需要高騰における迅速配送の必要性などに対応していかなくてはなりません。

しかし、グローバルなスケールで変化が見られます。最新イノベーションを組み込んだ品目保管に挑戦するテクノロジーは絶え間なく進化しています。英国のEU離脱、NAFTAの終了、及び新しい関税法などの政治的展開は、貿易状況を不確かなものにしています。そして、誰も次のリセッションがいつ起こるのか判断できません。これらのすべてにより、アフターマーケット部品製造メーカーにおいて、慎重な在庫管理がより重要となってきています。

Demand Solutionsのデジタル サプライチェーン プラットフォームは、このような厳しい状況下でも、アフターマーケット部品製造メーカーが新しい事業目標を設定し、それ以上の業績を達成できるように設計されています。 

アフターマーケット部品業界の会社は、Demand Solutionsを活用して、以下の事柄を達成できます:

  • 売れ行きの速いまたは遅い部品に対する在庫ポリシーを最適化することで、サービス及び利益の促進。
  • 機械学習を活用した計画強化によって、コストとリスクの削減。
  • 多種の製品ポートフリオ及びロングテール品目に対する、高精度の継続した計画作成の実装。 
  • 日常の定期的な作業を自動化し、より効率的な顧客対応に集中。
  • サプライヤとの関係を強化することで応答時間の短縮、及びプロセスの柔軟性の増加。

進化する顧客の購入パターンの先を行く

アフターマーケット部品事業を成功裏に進めて行くことの複雑性に加えて、顧客側の購入方法の変化によって、事業展開がより複雑となってきています。顧客は、オンラインで製品を検索し、オンラインで購入し、そして実際の店舗でのピックアップや返品ができるような柔軟性を求めてきています。つまり、小売店舗を展開している製造メーカーは、製品の分化及び顧客との絆における今までの課題に立ち向かいながら、同時に在庫の柔軟性を維持していなくてはなりません。

Demand Solutions をご利用いただくことで、アフターマーケット部品製造メーカーは以下の事柄が行えます:

  • 多変量セグメント化を基にした多次元在庫ポリシーを自動的に適用することで、膨大なSKUポートフリオの容易な管理。
  • サービス部品の需要を予想することで予測精度の向上。 
  • 製品の多様性及び頻繁な代替品などの様々な不満要素を対処することで、ライフサイクル計画の単純化。
  • 複数レベル及び組織間をつなぐ計画を活用することで、グローバルなサプライチェーンの強化。
  • 特定のグローバル市場内の貢献利益を基にした投資分類による在庫の最適化。

反応の良いサプライチェーンの維持

例外を考慮に入れて事業を管理すると、人件費を増やすことなく、膨大な量の多様な在庫を維持できます。Demand Solutionsは、強力な例外管理ツールを提供しています。このツールは、安全在庫量を削減しながら、しかも在庫不足を最小限に抑える方法で需要チェーン全体を管理できます。Demand Solutionsが、どのようにして膨大なSKUポートフリオの利益性を管理する補佐となるかをご確認ください。