製品

スポーツ用品

関連業界

クライアント




「Demand Solutionsは、完全で問題のない導入を補佐するために、我が社の事業について実践的に学ぶことを望みました。その結果、導入は成功し、その結果は大変望ましいものでした。Demand Solutionsは、99%または100%の充填率の維持という弊社の目標を補佐できると考えました。その進歩には非常に満足しています。」

-ジョー エプスタイン、 Everlast社 サプライチェーン担当重役
Everlast

スポーツ用品製造メーカーにおけるサプライチェーンの課題

Everlast社は、Bed, Bath and Beyondを介して、癌研究をサポートするためのピンクのボクシンググローブを販売したときに、スポーツ用品業界において、何かが変わりました。この業界はファッション事業となりました。

ファッション集中型企業としてのスポーツ用品会社はファッション性及びカラーの好みの急激な変化、小さなサイズのチアリーダー用品から大柄なラインバック用品まで各種サイズを在庫しておく必要があります。それに加えて、大手小売店からの要件である注文に対する正しい製品による時間通りの充填、異常気象に応答するに十分な安全時間在庫量の確保などに取り組む必要があります。

Everlast社は、中国、メキシコ、さらにイスラエルの供給元から、スポーツ用品専門店(Modell'sなど)、及び量販店(Kmart、Dick's、Searsなど)などの小売端にまで伸びるサプライチェーンをサポートするために Demand Solutionsを使用しています。

「小売店が大きくなればなるほど、その充填率や陳列販売に対する要求は厳しいものになります。そのために、正確に需要を予測することが、さらに重要な点となってきました。」と、Everlast社のサプライチェーン担当副社長は述べました。「私の仕事は、さらに複雑になってきたために、私たちの必要性への見通しを提供していくれる新しいツールを導入することにしました。」

金融引き締めに当たり、予測担当者には、会社が倉庫にかかる費用を必要以上に心配することなく、無駄のない在庫量を維持しながら需要を満たすというプレッシャーがのしかかってきました。

Businessweekによると、日本の大阪に本社を持つ、バレーボールのユニフォームからメジャーリーグの野球バットやグローブまでを取り扱っているスポーツ用品会社であるミズノ社は、その野球ビジネスにおける成功を米国ビジネス上にも確立させることを目指しました。

「グローブやスパイクにおける競合となるに違いありません。」ご自身もワシントン大学で野球をやっておられた米国Mizuno社の野球製品担当部長である鶴岡氏は語っています。本社がその戦略計画を立て、サプライチェーン及び在庫担当マネージャは、それに沿って製品を配送しなくてはなりません。

ミズノ社は、Demand Solutionsを活用しています。

消費者製品サプライチェーン管理のソリューション

Demand Solutionsのサプライチェーン計画ソフトウェアを使用することでスポーツ用品製造メーカーは以下の事柄が行えます:


  • 信頼できる正確な予測の生成、管理、及び連携
  • 単体、利益、余剰利益、及びその他の測定単位で、販売履歴の分析と予測
  • 季節性、成長傾向の変化、及び生産混合移行などへの自動的な応答
  • 新しい製品の採用における客観的な管理
  • 顧客レベルのSKUによる予測、及びSKU、顧客、販売ルート、地域、製品系列、サプライヤなどによる総計要約
  • スコアの保持。システムに従って向上する予測精度と顧客サービス業績の追跡、報告、及び体系的な予測精度の向上
  • 季節の変化に従った製品ライフサイクルの管理
  • 予測、在庫、顧客発注、運送中の品目などの時間段階的な見通しによるサプライチェーンの改良
  • 常に変化する予測と変化しない容量制約を同期した在庫を保つための調達計画の生成
  • 効果的な販売及び事業計画プロセスの推進

Test Country