Retail Planning

Retail Planning:供給メーカー管理在庫 (VMI)及び小売店舗ごとの販売(POS)データでインテリジェントな在庫補充

小売業者は、ディスプレイが空となることを望みません。 それは、販売好機を失うことを意味しています。しかも、販売できない品目を在庫として保管しておくことも望みません。これにより、貴重な商品展示棚が占められ、さらに、従業員は無駄な作業に時間を費やさなくてはなりません。小売業者は、適切な時期の適切な商品を求めています。そして、その調整は供給メーカーに委ねられています。

多くの小売業者は、店舗ごとの販売(POS)データ、または、店舗ごとのSKUなどの情報を示す852 データを供給メーカーに提供します。これから、それを意味があるものにするかどうかは供給メーカー次第です。これは、供給メーカー管理在庫(VMI)として知られています。

製造メーカーと物流業者は、これらの在庫計画の課題への取り組みをDemand Managementが支援することを期待しています。Demand Solutions Retail Planningは、サプライチェーン連携を介して、供給メーカーと小売業者間で相互に利潤を追求する関係を構築するために、店舗レベルの在庫計画及び補充を提供するためにデザインされています。この強力なソリューションは、POSデータ及びVMIを使用して何千もの店舗/SKUの組み合わせを追跡しなくてはならない製造メーカーや物流業者における店舗レベルの補充を最適化します。実売の向上、顧客サービスの向上、および高い在庫回転を実現するために、継続棚卸だけでなく、店舗レベルまで下げて、モデル、販売率、および再注文量が計算されます。

Demand Solutionsは、組み込みソーシャル連携機能を提供していますので、利害関係者はリアルタイムで計画情報を共有できます。ミーティング間でも常に同期された情報を取得できます。予想可能なリードタイム モジュール及びビジネス インテリジェンス機能は、お客様の事業全体の健全性を強化するだけでなく、お客様のより的確な決断をサポートします。さらに、Demand Solutionsのプラットフォームは、クラウドベースのソリューションとして、ご利用いただけるようになりましたので、この強力な小売計画管理機能を利用するためのソフトウェアのライセンスや導入に掛かる先行投資の必要はありません。

継続補充による需要主導型の在庫計画の実現化

Demand Solutions Retail Planningは、継続補充というコンセプトを支援するるようにデザインされています。取引担当管理者は、各POS場所からの需要データを分析することができ、それにより適正な補充注文を作成できます。そのデータは、個々の店舗/SKUレベルにおける補充注文を計算することに使用されるだけでなく、さらに統合レベルで管理して、分析することもできます。

取引担当管理者は、小売販売の横には出荷、そしてその横には手元在庫を見ることができますので、実際に消費者が要求している品目が確実に店舗に出荷されるかを確認できます。総合企業から個々の小売業者、店舗グループ、または個々の店舗までのさまざまなレベルにおけるデータが示されます。製品グループ製品系統、色、サイズ、新製品、または基本製品などは、可能な製品統合レベルのいくつかにすぎません。総費用における比率分析は、店舗には、最適販売レベルを生み出すための適正に混合された製品が備わっているかを示します。Demand Solutions Retail Planningでは、大量の店舗/SKUの組み合わせを基にして、店舗/SKU分析、仕分け計画、補充、および特別注文を提供することができます。注文および運送のデータを地域レベルの数量にまとめ、それからまた個々の店舗レベルに下げることで、最も人気のあるサイズや色を見極めることができます。

より多くの利益率のための仕分け

Demand Solutions Retail Planningでは、店舗、領域、倉庫、最近接の供給港、休日/週末-週間、あるいは、天候などの複数のデータを組み合わせて分析することができます。高利益率の複雑でない低い総コストの在庫をお望みの場合、このPOS計画ツールは、お客様の供給メーカーをスマートなパートナーに変えます。

Retail Planningにおける主要利点の1つに、ダイナミックな仕分け計画機能があります。主要チェーンは、保管する在庫量における規則を引き締めていることから、供給元の効率的なジャストインタイム供給システムへの移行が求められています。供給メーカーは、予測管理及び在庫計画を店舗と商品レベルに拡張する責務が課されています。Retail Planningでは、新しい仕分け計画の最終承認を受ける前に、複数のシミュレーションを実行し、すべてのレベルに対して詳細な調整を行うことができます。

品目予測の実行 - シームレス

小売業者は、小売店舗を含むすべてのレベルにおいて、自社の製品がどのように業績を上げているかを知る必要があります。また、計画とは異なり、販売業績を上げている、あるいは業績が落ちているときには、迅速な調整を行う必要があります。Demand SolutionsのItem-Level Planningモジュールには、そのパズルを完成させるピースが備わっています。曲線作成機能、計画ツール、モデリング、及び在庫へのインターフェイスなど、Item-Level Planningモジュールは、サプライチェーンの自動化、及び品目の予測のシームレスな実行に必要なツールが備わっています。

曲線作成機能を使用することで、ユーザーは、すべての品目における業績履歴データにアクセスできます。小売販売、手元在庫、及び出荷などの測定は、Retail Planningデータ・ウェハウス内で簡単に行えます。取引先、店舗、及び品目をクラスタにグループ化することで、さまざまな範囲におけるデータを確認することができます。

最良の戦略を行動に移す

正確な計画を立てることは必要なことですが、どのように実施していくかによって、その計画の価値が決まります。そこで、Item-Level Planningコンポーネントのインターフェイスが活躍します。Demand Solutions Requirements PlanningおよびRetail Planningにデータを渡すことで、Item-Level Planningモジュールは、サプライチェーン統合及び自動化をストリームライン化します。倉庫における手元在庫要件は、販売計画から生成され、Requirements Planningに渡されます。そこで、製造注文や完成品の発注を導き出す予測要件と照合されます。同時に、週間補充注文の作成に使用される再注文ポイントとして、店舗/SKUの備蓄レベルがRetail Planningに渡されます。

このダイナミックな仕分け計画において、取引担当管理者は、Demand Solutions Retail Planningを使用して、各取引先における色、サイズ、製品ファミリー、製品ライン、またはブランドなどの主要製品や取引特性によって補充レベルを特定することができます。販売員は、すべてのフィールドにおいて許可されている情報を見ることができ、さらにグラフの作成、情報の印刷、そしてそれらをEメールで送信、またはノートパソコン上の顧客に直接共有させることができます。この情報の共有は、最適な商品展示、さらに仕分けと補充戦略をサポートする在庫計画を簡素化します。また、Retail Planningは、例外の報告、「What-if(仮定状況)」仕分け計画、および取引分析を提供します。これらのツールは、販売員および購入者に販売促進の好機の識別、潜在的なコスト削減の特定、および需要変化の査定を提供します。

Retail Planningでは、個々のユーザーが担当者となります。購入者との販売担当会議に、販売在庫、受領、返品、出荷、販売促進量などの何千ものデータメトリックスを提供できます。補充注文は、モデル数量から現在の継続棚卸を差し引いて計算されます。

部門の垣根を越えたより大きな統一性のためのデータの共有

Demand Solutions Retail Planningは、オンラインのダッシュボード及び例外レポートを可能にするカスタマイズ可能な多次元OLAPキューブを提供しています。企業レベルのデータウェアハウスまたはデータマートからの情報を、Retail Planningの分析保管場所とリンクして、ユーザーにリアルタイムの企業報告データへのアクセスを提供できます。このデータと保護されているウェブベースのピボットテーブル・インターフェイスをリンクすることで、販売、マーケティング、および製造などの企業内における統一性を確実にするデータの共有が行えます。キューブの切り取りは、ネットワークが利用できないときに、ユーザーによるがOLAPデータの携帯を可能にします。

お客様の業界におけるDemand Solutions Retail Planningおよびその他のサプライチェーン管理ソリューションについて、さらに学習するには、お客様のビデオ(英語でのご提供)をご覧ください。

Global Solutions Delivered Locally®

デモのリクエスト

Demand Solutions Retail Planningがお客様の事業にとっていかに適正であるかをお見せします。

デモをリクエストする

ご提供

ケーススタディ

Steinhafels

Milwaukee Journal Sentinelに最近掲載された記事は、地域の家具販売業界の縮小または閉店にいたる店舗の数に言及して、この業界が直面している問題点を、詳細に指摘しています。


ケーススタディ

Raymour & Flanigan

ニュージャージー州パラマスに最近開店したRaymour & Flanigan Furnitureのショールームは、1階はレンガ造り、そして2階は床から天井までカラス張りの洗練された建物となっています。


ケーススタディ

Summer Infant

スコット・スティックニー氏は、スクラップブック関連製品の成長率が落ちてきています、と語っています。その代わりに、子供用工芸製品と共に、ジュエリー製作の製品が人気となってきています。


記事

Demand Managementにとって、POSデータが重要な理由

Terumo Cardiovascular Systems (Terumo CVS)は、サプライチェーンの管理においては、まるでチャンスを伺うゲームをしているような、あるいは運に頼るというしかありませんでしたが、わずか1年で、在庫を36%も削減することができ、それにより100万ドルの経費節約を実現しました。この経費節約は、自社のサプライチェーンへの見通しを増加させることで達成されました。