製品

Advanced Planning & Scheduling

よくある質問

Advanced Planning & Schedulingソリューションの使用をお考えの企業方々は、その利用を開始する前に、以下の質問を良くなさいます:


APSの利用を試みる前に、企業が社内的に満たす必要がある事前事項は何ですか?

APSは非常に「データ重視」のツールですので、正しい情報を実装する必要があります。工程計画及び個々の製造メーカーの部品表、あるいはプロセス製造メーカーの慣例方法及び実行率が必要となります。在庫制約のスケジュールを作成している場合は、正確な手元在庫量を把握する、信頼できる在庫制御プロセスがあることも重要な点です。また、日間計画サイクルを実行されている場合は、少なくとも毎日、その日の生産完了を追跡する必要があります。週間計画サイクルの場合は、毎週の生産更新を追跡できます。忘れないでください:作成したスケジュールは、入力したデータに対してのみ有効です。


「限定的」スケジュール作成が必要であるかが確かではありません。無限的より限定的なスケジュールがより効果的なのは、どのような状況の時ですか?

荒削りの「無限的」容量計画は、長期における労働や容量のレベルを計画するときに有益ですが、多くの製造メーカーは、「限定的」な制約を基にした計画を使用する方がより効果的であることを体験します。非常に少量の生産発注(例えば25)のスケジュールを作成し、手動で適当に調整が行えるという状況でない限り、限定的なスケジュール作成は、無限的な計画からは得られない多くの利益をもたらします。平均して十分な容量がある場合でも、一時的な障害となる作業の「凝集」があるものです。限定的なスケジュール作成は、そのよう障害がいつどこで発生する可能性があるかの見極め、1つの発注スケジュールへの変更がそれ以外の発注に与える影響、作業現場や計画作成部門における計り知れない時間を節約する詳細で実施可能な計画を提供します。


APSの成功は、どのようにして測定するのですか?

もちろん共通の測定ポイントはありますが、成功の鍵は、より競争力をつけるには何が必要か、経費はどのように配分されているか、及びどのような顧客重要を満たす必要があるかなどのお客様の事業状況によって異なります。APSの導入の着手時では、重要な領域を識別して、APSが支援できる領域を特定することが重要です。例えば、定時出荷に課題がある場合は、納期がどのように守られているかを追跡します。生産において原料不足が頻繁に生じる場合は、作業現場におけるこのような中断の頻度を追跡する必要があります。大量の生産中の未完成品または長いリードタイムが問題である場合は、作業経過や順番待ちび時間に対する基準を設定する必要があります。その他の共通なゴールとしては、プランナーがスケジュールの更新に携わる時間の短縮があります。これにより、実装前後に費やす追跡時間を増やすことができます。


APSツールから最も利益を受けるのは、通常誰ですか?

APSからの特典は、主に、解決する必要がある問題の大きさによって異なります。しばしば配達日が遅れる、正確で競争力のあるリードタイムの見積もりが難しい、高い在庫レベルを抱えている、スケジュール管理に多くの時間を費やしている、または主要装置の転換が頻繁に発生する場合は、APSの価値は非常に高いものになります。APSが必要であることを示すその他のインジケータには以下のような事柄があります:

  • 多数のSKUまたは顧客注文
  • 多数の生産資源
  • 高価な生産装置
  • 頻繁な顧客注文及びエンジニアリング変更依頼の変更
  • >手動ではスケジュールが難しい複雑な製造の流れ>
  • 長いセットアップ時間
  • バッチ処理の必要性
  • スケジュール・ミスによる品質関連問題

既にERPシステムを装備しているのに、なぜAPSツールが必要なのですか?

ERPシステムは、注文入力や在庫制御などの戸濫作ションの管理において優れたシステムです。多くのEFPシステムは経理システムから詩化したものですので、それらの主要焦点は何が起きたかを追跡することで、何が起きるかに対する計画ではありません。結果として、そのアーキテクチャはトランザクション処理を最適化するもので、方範囲で大量のデータ分析を行うものではありません。典型的なMRP(資材所要量計画)の生成はEFPシステムを何時間あるいは何日も占有してしまうことに対して、APSツールではたったの数秒で完了します。これは、重要な使用性における問題で、プランナーは、スケジュールの変更を行うたびに、システムが再生するまで何時間も何日も待つことはできません。

さらに、APSシステムを設計及び作成する専門知識は、まったく異なり、特別なために、非常にその取得が難しい分野です。多くのERP開発プロジェクトは、計画というコンセプトは後回しにして、表面上のレベルでのみ組み込んでいます。それとは異なり、APSは、非常に詳細に対処しています。ERPシステムを含む多くの「クラシック」なスケジュール作成機能は、多くの会社にとって利用するには単純すぎるために、活用されることがないのが実情です。APSは、ERPへの効果的な追加機能です。解決したい問題に適応した解決を見つけます。


APSツールを評価するときには、何と比較すればよいのでしょうか?

APS評価プロセスは、お客様の重要な事業問題を解決するという、1つの事柄に集中して行われるべきです。どのような問題を解決したいかを識別することから始めます。それから、ツールがお客様における制約を「モデル化」できるか、そして最終的に問題を解決するかを確認します。2つの優先リストを作成します: お客様におけるAPS関連の重要な事業問題、そして、お客様の会社の担当プランナーが、スケジュールを作成するときに考慮しなくてはならない制約と規則。お客様のAPS供給メーカーと連携して、これらの両方を仔細に渡って検討します。

その他の考慮点は、テクノロジー、アーキテクチャ、そしてもちろんそれを所有することに掛る合計コストです。テクノロジーとアーキテクチャは、できるだけ最新のものであること、お客様が既に所有している他のシステム及び自社のIT担当者の専門知識に適合することが大切です。データの量も、重要な要因です。システムを選択する前に、お客様が持つデータ量を取り扱えるかを検証します。利用性があるとするには、完全にロードされたスケジュールにおいて、ドラッグ・アンド・ドロップによる再スケジュールでは、その間に別の仕事への切り替えが行え、そして、その処理は、数分ではなく、数秒で完了するどうかを検証します。コストの点では、お客様の事業に適合したモデルを構築するために多大なプログラミングを必要とするシステムの導入コストは、非常に高くなります。ソフトウェア自体のコストに加えて、そのようなコストを考慮に入れておく必要があります。

最後に、複数のプランナーがリグ印して、同時変更を行う必要がある場合、及び複数プラント調整をサポートする必要がある場合は、そのAPSは、それらをサポートする機能が備わっているかを検証します。EFPシステムとは異なり、多くのAPSシステムは、単一プランナー、単一プラント用のシステムです。その選択には十分に注意を払ってください。
通常の生産プランナーがAPSツールの使用を学習するのは難しいことですか?
学習曲線は、システムではなく、それを取り扱う人間によって異なります。コンピュータの取り扱いに慣れていて、お客様の生産制約に精通していて、しかも学習能力の高い人を選択した場合は、わずかなトレーニングで、数週間のちには熟練者になります。そうでない場合は、その移行には時間が掛かってしま可能性があります。


Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingはどの業界に適しているのですか?

弊社は、多くの業界の何百という工場にスケジュール作成ソフトウェアを設置しています。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、非常に適合性がある、ほとんどの生産スケジュール作成問題を取り扱えるように作成されています。弊社における業界経験は、食品及び飲料、化学製品、注文製作、医療装置製造、コーヒー焙煎、ハイテク機器、印刷、鍛造、射出金型、及びトラック装置製造/自動車など多岐に渡っています。弊社のシステムがお客様の企業に適合するかを確認なさりたい場合は、どうぞ弊社にお電話ください。弊社の専門担当者が常に、お客様の課題について話し合うべく待機しています。


Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingでは、手動によるスケジュール調整が行えますか?

もちろんです!このソリューションの強みの1つは、グラフィカルなドラッグ・アンド・ドロップ環境での変更が簡単に行えることにあります。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、典型的なスケジュール作成システムが抱える限定的なドラッグ・アンド・ドロップ機能より1つ先を進む「容量制約」ドラッグ・アンド・ドロップを採用しています。これは、変更を行うときに、システムは、容量に違反していないか、資源制約に従っているかを確認した上でスケジュールの調整を行います。これにより、変更は素早く、しかも簡単に行え、さらに、行った変更における影響を即時に見ることができます。その他の手動及び自動のスケジュール関連ツールが用意されています。弊社にお電話いただければ、お客様にどのような利点を提供できるかをご相談させていただきます。

他のシステムではなく、なぜDemand Solutions Advanced Planning & Schedulingを選択するべきなのでしょうか?

Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、お客様の企業における制約(人員、機械、原料、工具、保管施設)のすべてを考慮に入れた正確なスケジュールをより効率的に作成します。「容量制約」ドラッグ・アンド・ドロップにために、簡単に使用できます。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、Microsoftの基幹プラットフォームとして広くサポートされている.Net Framework上で開発されています。つまり、Microsoft Officeなどを使い慣れているユーザーには、使いやすい環境となっています。それらとの統合も容易で、この先長く使用していけるツールです。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、複数のプランナーがログオンして、同時にスケジュール変更が可能な唯一真の「連携」スケジュール作成システムです。したがって、会社の成長に従うニーズに適合した方法で作業ができます。


ERPシステムには、異なったレベルの部品表に接続する「ペッグ」情報がありません。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、作業発注間の生産を調和させることができますか?あるいは、当社がこれらのリンクを手動で追加する必要がありますが?

Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、お客様の各作業発注ごとの部品表を調べて、原料要件を特定し、それから自動的にすべての作業発注(いかなるレベル数でも)における原料の流れを見極めます。明示的なリンクがない場合でも、このシステムは、供給されている作業発注が遅延する(ドラッグ・アンド・ドロップなどの方法で)場合は、お客様に警告するか、あるいはそれに依存する作業発注のスケジュール変更を行います。また、明示的なリンクを作成して、1つまたは複数の特定のダウンストリーム作業発注に中間材料を割り当てる必要がある場合に対処することもできます。


このシステムは、スケジュールが常に正確であるようにするためのリアルタイムでの更新が可能ですか?

はい。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、作業工程の完了や機械の故障などの情報を受け取ったときには、その情報を基に更新されます。お持ちのERPシステムから引き渡された情報、あるいは作業報告書や作業現場の追跡システムから直接入力された情報でも更新が行われます。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingには、「現場ビュー」と呼ばれる独自の画面が備わっており、作業現場担当者がスケジュールを確認したり、生産報告を作成したりすることができるようにデザインされています。


Demand Solutions Advanced Planning & Scheduling を複数の施設で使用できますか?

はい。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、「連携」スケジュール作成システムで、複数の工場で、マスター・スケジュール担当者、閲覧者、及びWhat-If担当者が同時に取り扱えます。工場では独立したスケジュールを作成することも、必要に応じて相互依存したスケジュールを作成することもできます。


このソフトウェアを利用するために新しい管理担当者の職を設ける必要がありますか?

いいえ。ほとんどの企業では、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingを使用することで、逆に、生産管理に費やす時間を大きく軽減しました。計画プロセスの多くが移動的に処理されますので、発注の急送、情報の統合、及びスプレッドシートの更新などに費やしていた時間を、先を見越した仕事に使うことができます。典型的なユーザーは、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingが実用化された後は、一日に1時間から3時間ほどの時間をスケジュールの確認と調整に使っています。


Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingを使用するには、どのような技能が必要ですか?

お客様のDemand Solutions Advanced Planning & Schedulingのスケジュール作成担当者は実際の生産運営及び何が「良い」スケジュールを作成するかを熟知していることが重要です。また、日常のコンピュータの使用に慣れている人でなくてはなりません。Microsoft Excelを熟知している人は、Advanced Planning & Schedulingを簡単に学習します。


Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingをセットアップするために、当社のチームの時間をどれだけ必要としますか

プランナーまたは生産管理者が費やす必要がある合計時間は通常、40時間から120時間の範囲です。お客様のチームが、会社業務に忙しい場合は、弊社はインターネットを介してリモートで作業しますので、お客様のチームの仕事の優先順と作業スケジュールを基にして、弊社の作業時間を調整しなくてはなりません。導入には通常、4週間から12週間ほどかかると考えてください。


Demand Solutions Advanced Planning & Scheduling用の新しいサーバーが必要ですか?

通常は必要ありません。何千もの発注をスケジュールする、あるいはお客様のサーバーが非常に古い場合を除いて、通常、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、お客様がお持ちのハードウェア上で実行します。


Advanced Planning & Schedulingは、どのようなサイズの企業に適しているのですか?

多大な設備投資による製造工程、あるいは、連動及び定時配達させる必要がある大量の発注を持つ場合には、機能性と投資対効果に関して、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは非常に適しているとされています。一般的には、年間収益が一千万ドルから一億ドルまでの企業は、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingのシステムレベルで、大きな投資対効果があると言っています。


APSと当社のERPシステムの統合における要件とコストはどのようなものですか?

多くのASP統合は「双方向」で行われ、作業発注(工程/部品表/受領書を添付した)、販売発注、在庫、購入発注、作業センター、装置、及び場合によっては従業員などのデータのインポートし、そしてERPの見通しと原料計画に活用するために作業発注のスケジュール日をエクスポートします。弊社は、企業はERPシステムとAPSシステムの両方を異なった目的で使用しますので、統合ツールは非常に柔軟でなくてはならないという重要な点に気が付きました。最初から統合を開発する時間は、共有させるデータの量によって異なります。通常は、新規の統合を行うには、2日から4日掛かると推定しています。

デモのリクエスト

お客様のデータを使用して、Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingがお客様の事業にとっていかに適正であるかをお見せします。

デモをリクエストする

ご提供資料

記事

Advanced Planning & Scheduling

Demand Solutionsは、 Demand Solutionsのソフトウェアグループへの新しいソフトウェア — Advanced Planning & Scheduling (DS APS)の追加を発表しました。Demand Solutions Advanced Planning & Schedulingは、強力で、しかも利用性に優れたソリューションによる包括的な生産計画及びスケジュール作成機能を提供しています。


ケーススタディ

Certified Transmission

ネブラスカ州オマハを拠点とするCertified Transmission社は、300人以上の従業員を持つ、この国では最も大きな独立したトランスミッションの修理再生施設を備えた会社の1つとして成長しました。


ホワイト・ペーパー

自動的なスケジュール作成方法

ここ数年、生産計画(APS - Advanced Planning and Scheduling)に対する多くの理論や営利目的のソフトウェアが市場に出回っています。


ホワイト・ペーパー

シチュエーションに対してAPSが適正であるか

Demand Solutionsは、すでにお持ちのERPシステムと統合し、能率目標、利益目標、顧客サービス、及びその他の主要な事業行使上の重要点を基にした生産計画を可能にするAdvanced Planning & Scheduling(APS)です。


Test Country