製品

食品・飲料

「Demand SolutionsのForecast Management及びRequirements Planningを導入してから、弊社のサービスレベルが大きく向上しました。以前は、そのレベルは80%程度でしたが、今では手元在庫及びニーズの計算予測をより効果的に制御することで、お客様の注文をより正確に遂行できるようになりました。弊社のサービスレベルは98%にまで向上しました。」

マーケッティング担当、アディサ・カルカン氏
Volpi

食品・飲料サプライチェーンの在庫における課題

食品・飲料業に携わる企業は、売上高騰のために、継続的に、新製品の参入、ミックスの変更、及び梱包サイズの調整を行います。わずかな大手主要アカウントを除き、多くの食品製造者は、それらの製品には賞味期限が明記されていることを考えると、エラーに対する余裕がないのが普通です。大手のスーパーマーケット・チェーンが、1.5クオーツサイズのアイスクリームの注文に対してピントサイズのアイスクリームを受け取ったとき、あるいはピーナッツバター・バニラ味の替わりにチョコレート・レーズン味を受け取ったときには、ビジネスを失い、その結果、収益が落ちることになります。

食品は、時期に大きく左右されるその他の製品よりもっと、正しい製品が正しい時期に正しい量だけ配達されるということが非常に重要です。お客様は見込み生産ビジネスにおり、お客様の顧客は、欲しいと思ったときに、その製品が入手可能であることを期待しています。Demand Solutionsの食品・飲料サプライチェーン計画ソフトウェは、新製品の市場への参入、需要の季節的な変化への対応、及び販売店が小さめのパッケージを提供することで価格を維持する中での新しい容器サイズへの転換などの状況下にある生産者を手助けします。

皮肉なことに、在庫とは、問題を含むと同時に、多くの課題のソリューションでもあります。過剰な在庫及び正しい製品の品不足は、このビジネスによくある苦情です。これは、持ち越し費用だけでなく、さらに顧客先であるスーパーと交わした契約による、遅延及び/または不完全な配達に課せられる罰金による運営費用への影響が出ます。

食品・飲料サプライチェーン計画のソリューション

Demand Solutionsのサプライチェーン計画ソフトウェアを使用することで、食品・飲料取り扱い企業は以下の事柄が行えます:


  • 信頼できる正確な予測の生成、管理、及び連携
  • 単体、利益、余剰利益、およびその他の測定単位で、販売履歴の分析と予測
  • 季節性、成長傾向の変化、及び生産混合移行などへの自動的な応答
  • 新しい製品の採用における客観的な管理
  • 顧客レベルのSKUによる予測、及びSKU、顧客、販売ルート、地域、製品系列、サプライヤなどによる総計要約
  • 常に変化する予測と変化しない容量制約を同期した在庫を保つための生産計画の生成
  • 効果的な販売及び事業計画プロセスの推進

お薦めする食品・飲料業界に対するDemand Solutionsのケーススタディをご確認ください。


Test Country