食品飲料

「Demand SolutionsのForecast ManagementとRequirements Planningを導入してから、弊社のサービスレベルは大きく向上しました。以前は、80%前後でしたが、今では、手元在庫及び必要な計算予測を効率的に制御できますので、もっと正確に顧客注文を遂行することができるようになりました。弊社のサービスレベルは、90%に上がりました。」

アディサ・カルカン氏、マーケティング担当者
Volpi

食品・飲料業界サプライチェーンにおける在庫の課題

食品・飲料業に携わる企業は、売上高騰のために、継続的に、新製品の参入、ミックスの変更、及びパッケージサイズの調整を行います。幾つかの大量注文をする主要取引先に関しては、ほとんどの食品生産者は注文納入の間違えに対する利潤は一切ありません。特に、賞味期限のある製品はそれが顕著です。大手スパーマーケットのチェーン店が、注文した1.5クオートのアイスクリームの代わりにパイントのアイスクリームを受け取ったとき、あるいは、ピーナッツ バター バニラのアイスクリームの代わりにチョコレート レーズンのアイスクリームを受け取ったような場合、それは取引中止や利益損失になります。

食品は、ファッションなどの時期に大きく左右されるその他の製品よりもっと、正しい製品が正しい時期に正しい量だけ配達されるということが非常に重要です。食品製造企業は、見込み生産ビジネスで、彼らの顧客は、欲しいと思ったときに、その製品が入手可能であることを期待しています。Demand Solutionsの食品・飲料サプライチェーンの計画ソフトウェアは、新製品の市場への参入、需要の季節的な変化への対応、及び販売店が小さめのパッケージを提供することで価格を維持する中での新しい容器サイズへの移行などの状況下の生産者を補佐します。

皮肉なことに、在庫は、多くの課題に対する問題とソリューションの両方を担っています。過剰な在庫及び正しい製品の品不足は、このビジネスによくある苦情です。これは、持ち越し費用だけでなく、顧客先であるスーパーと交わした契約による、遅延及び/または不完全な配達に課せられる罰金による運営費用への影響が出ます。

食品・飲料サプライチェーン計画のソリューション

Demand Solutionsのサプライチェーン計画ソフトウェアを使用することで、食品・飲料取り扱い企業は以下の事柄が行えます:


  • 信頼できる正確な予測を生成、管理、及び連携できます。
  • 単体、利益、余剰利益、およびその他の測定単位で、販売履歴の分析と予測が行えます。
  • 季節性、成長傾向の変化、及び生産混合移行などへの自動的に応答できます。
  • 新しい製品の参入を客観的に管理できます。
  • 顧客レベルのSKUによる予測、及びSKU、顧客、販売ルート、地域、製品系列、サプライヤなどによる総計要約などが行えます。
  • 常に変化する予測と変化しない生産能力制約を同期した在庫を保つための生産計画が生成できます。
  • 効果的な販売及び事業計画プロセスを推進できます。

お薦めする食品・飲料業界に対するDemand Solutionsのケーススタディをご確認ください。